用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2009年04月01日

千代田物語 

chiyo-MS-room2.jpg

デジタルハリウッド大学大学院が「千代田物語」というのを制作公開している。これは千代田区観光協会の観光プロモーションサイトのコンテンツで、千代田区をドラマ仕立てで紹介している。

とかく堅苦しく、説明的になりがちな観光地紹介を、ユーモラスに素敵に描いていて、少人数(11人)、低予算で作られたとは思えないほどよくできている。

数年前までは、ドラマや映画などの映像は、いくら発想があっても編集が必要なため高価な機材を持っている専門業者しか作ることができなかった。しかし最近では高機能で安価なデジタルムービーカメラなどが普及したので仲間を集めて趣味の範囲で出来てしまう。

さらにYOUtubeなど、広く一般に公開できる場所も用意されている。人の心を動かせる感性さえあれば、誰でも映画監督やアーチストになれる可能性がある時代になったといえよう。
posted by ぢょんた at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(歴史、世界)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28096762

この記事へのトラックバック