用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2009年04月03日

東京オリンピック 

logo.jpg

1964年に東京で開かれた第18回夏期オリンピック。ワシは生まれていないので(ウソ)まったく記憶にないが、そのオリンピックを再び2016年に誘致しようと、都では現在躍起になっている。街を歩くと時折ポスターやイベントを目にすることもある。

大手ポータルサイトのアンケートによると、3分の2くらいの人が「やってほしい」と思っているようだ。個人的には「騒々しくなるしめんどくさい」という思いと、かなりの経済効果もあるだろうから「不景気脱却の足がかりになれば」とも思うし、微妙な心境だ。

他に、シカゴ(アメリカ)、リオデジャネイロ(ブラジル)、マドリード(スペイン)、が立候補している(第一次審査でドーハとプラハとバクーは落選)。今年の4月〜5月にIOCの評価委員が現地を視察して、10月2日に、コペンハーゲンで開かれるIOC総会で、投票によって決定される。

そもそも世界的なスポーツの祭典だ。前回の北京や、このところのオリンピックの開会式や閉会式を観ていても「お見事!」と感心するばかりだ。センスのない日本人の中で「演出できる人がいるのだろうか」とか「漫才師とか出てほしくない」、誘致されても恥をかくだけだから来ない方がいい、などと、いらぬ心配をしてしまうワシだった。
posted by ぢょんた at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(歴史、世界)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28165457

この記事へのトラックバック