用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2009年04月14日

軍艦島 

gunkan2.jpg gunkan.jpg

軍艦島というのをご存知だろうか。長崎県にある島で正式名称を『端島(はしま)』という。長崎市の旧高島町から4.5キロの海上に位置するこの島は、南北約480メートル、東西約160メートルの小さな島である。

19世紀に石炭の存在が確認され、明治初期から1974年まで炭坑の島として人が住み栄えたのだそうだ。最盛期(1960年)には、人口5,267人を数え、学校や病院、映画館や遊園地まであったというから驚きだ。

おもしろいのはその形状で、狭いゆえ、土地を少しでも多く利用するために、周囲がぐるりコンクリートで固められ、島全体が人工物のようになっている。遠くから見るとまるで海の上に軍艦が浮かんでいるような姿から軍艦島という名前がついたといわれている。(戦時中に、アメリカの潜水艦が本物の軍艦と勘違いして魚雷を撃ち込んだという噂まである)

日本のアルカトラズともいえるこの島、閉鎖してから35年間、廃墟のまま立ち入り禁止だったのだが、この度、長崎市の条例が変わり島への上陸が許可された。そうなればすぐお金儲けが始まる。不思議な雰囲気のするこの島を一度探検してみたいと思う物好きがいないわけがない。さっそくツアーが組まれ今月末から開始される。すでに予約で一杯なのだそうだ。

さらに「軍艦島を世界遺産に」という動きまであるというが、ちょっと違うような気がする。廃墟の島を舞台にホラー映画を撮るか、いっそのこと島ごと、宮殿のような高級リゾートホテルに作り変えたほうが人気が出そうだ。
posted by ぢょんた at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会(歴史、世界)
この記事へのコメント
私は今の今まで松田優作の「蘇る金狼」はここで撮っていたと思っていましたが、これを機会に調べてみたら東京湾の「猿島」というところでした。
ところがここも「軍艦島」と呼ばれているようです。

ちなみに調べついでに見つけたので…長崎の「軍艦島」を舞台にした映画はここを参照してください。
http://www.gunkanjima-wh.com/unadata/eiga.htm
Posted by マンガン at 2009年04月14日 14:52
こんなにあるんですか、すでに軍艦島でロケをした映画が。ぜんぜん知りませんでした。「軍艦島」といわれている島は他にもいくつかあるようですね。リザアイランドじゃないけど、島という閉鎖された空間になぜか魅力を感じます。
Posted by ぢょんた at 2009年04月14日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28457080

この記事へのトラックバック