用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2007年03月14日

マイティーマウス不調 

311_1.jpg

Mighty Mouseの調子がどうも良くない。中心にあるスクロールボールが上手く動作しなくなるのだ。特に上下どちらかが反応しなくなる。メーカーサイトに「掃除の仕方」があったのでいままで何度も試してみたが、よくなるのはその時だけですぐまたおかしくなる。

仕組みを自分の目で確かめないと納得いかないワシは、さっそく分解に挑戦。いきなり接着してある部分(裏のカバー)を外すのに苦労したが、なんとか目的の場所までたどり着いた。不具合の原因は予想どおりで、ボールが回転させる4つのローラーが手アカやホコリで汚れていた。ボールに付いた汚れが、少しずつローラーに移り付着したものだ。直径1mmもないような細いローラーなので、少し汚れが付けばすぐ回転しなくなってしまうだろう。あきらかに設計ミスだ。

左右のローラーはほとんど汚れていないが、上下はかなりひどく、ホコリまで絡まって回転しづらくなっていた。一つ一つ外しキレイにしてセッティング完了。いままでのイライラが嘘のように快適に動くようになった。

ただし、分解してしまうと当然ながらメーカー保証は受けられなくなる。さらに接着されていた部分は再び接着しなおさないとならないので、機械いじりが得意でない方にはおすすめできない。

Appleに一言いいたい。
「もう少しトラックボール部分の構造を大きくして、しかも簡単に掃除できるようにしてくれ」さもなければ「トラックボールはやめにして、ぜひ得意のタッチセンサー(トラックパットのような)にしてほしい」


写真は上ブタの裏側にある問題の部分。赤点線の箇所が汚れて回らなくなってしまう。白色の細いローラーの先端に付いている黒いのは磁石。これが回転して移動距離を計算しているらしい。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図工(絵・手作り)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32104858

この記事へのトラックバック