用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2007年02月02日

しょうたれ 

264_1.jpg 264_2.jpg
264_3.jpg 264_4.jpg

先日近所の「和風中華ファミリーレストラン(五味八珍)」で食事をしていると、前方の少し離れた座敷席に、茶髪で歌舞れた二人組のおにいちゃんが、携帯をピコピコさせながら、大声で歓談していた。しばらくすると食べ終わったのであろう、帰り支度をしているようだったので、見るともなくそのテーブルのほうへ目をやって驚いた。ちょうど背中を向けているほうの若者が立ち上がる瞬間で、なんとデニムが脱げている。ベルトの位置は太ももで、派手なトランクスも「でん部」中ほどまで下がっており、半ケツ状態だ! おもわずすすりかけたラーメンを吹き出しそうだった。

「トイレからあわてて出てきた」ような出で立ちで、通路を通っていく彼を見ながら(歩きづらかろうに)あれがカッコいいのか.....いまの時代は...と、しみじみあきれた。
そりゃ、ローライズでちょっとデニムを下げたり、チラッとブランドもののブリーフのタグを見せたりだののファッションはワシでも多少はわかる。しかしあれは見苦しいの何者でもない。(だいたい人がメシ食ってるときに汚いケツ見せんじゃねーよ!)

ああいうやつのことを昔は「しょうたれ」といった。どこの方言なのか知らないが「小便たれ」のことではない。なんでも語源はわりと由緒正しくて、古語でいうところの「潮垂(しほたる)」がなまって「しょうたれ」になったそうだ。潮水に濡れて着物から滴が垂れる状態のことを言い、転じてみすぼらしい様を例えて「しょうたれ」というようになったのだという。

ワシは「無精たれ」のほうが近いと思うのだが。。。いずれにせよ彼に「しょうたれ」はもったいない。「こんじー」で十分だ。(意味はローカルすぎてググッても出てこないと思う)

写真は全然関係ない、広いもの連作。ストーリーは自分で考えてください。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33184965

この記事へのトラックバック