用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2006年12月13日

石油温風ヒーター専用送風ダクトダンボールタイプSHDD(弐号機) 

177_1.jpg

名付けて「コーンポタージュ2号!」(1号は欠陥があり廃棄処分)

仕事柄、コンピュータの前にいる時間が多く、冬場は温風ヒーター(灯油)を使っている。が、とにかく足が寒い。ヒーターを近づけると一部分だけが熱くなってしまい、離すと顔が火照って足が寒い。そこで、ダンボールを加工して写真のようなものを作ってみた。

効果は絶大で、温風は足下に吹き出され、ひざのほうへゆっくりと上がってくるので、非常に心地よい。ダンボールが燃えてしまわないか心配したが、大丈夫。手で持っていられるくらいの温度にしかならない。(出力の高いヒーターではやらないでください。燃えてしまいますよ)

猫が乗ってスイッチを押してしまうのでカバーが付けてあります。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図工(絵・手作り)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33496412

この記事へのトラックバック