用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2010年11月04日

ハート・ロッカー 映画

2010公開/アメリカ/★★★★★★6点
heart.jpg

2004年、イラク・バグダッドで爆発物処理に携わる兵士たちの物語。息をもつけないリアリティあふれる緊迫感には圧倒されました。まともな世界では生きることができなくなってしまった兵士。心を閉ざして今日も死ととなり合わせの任務を遂行します。劇中、我が子をあやすビックリ箱がすべてを象徴していたように思いました。

今年のアカデミー賞で、元亭主のジェームズ・キャメロン「アバター」とオスカーを奪い合い、元嫁のキャスリン・ビグロー(本作)に作品賞、監督賞ともに軍配があがった作品。女性の監督賞は初なのだそうですが、女性がこういった作品を撮ること自体が驚きです。「ヘタに動くと吹っ飛ぶよ」(注:こんなセリフはありません)
posted by ぢょんた at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画(視聴覚室)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41588353

この記事へのトラックバック