用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年02月10日

涼宮ハルヒの消失 映画

2010公開/日本(劇場版アニメ)/★★★★★★★★8点

haruhinosyoshitsu.jpg

12月18日、登校途中にキョンは友人と話が噛み合ないことに違和感を覚える。そして学校へ着くとそれは決定的なものになった。いるはずの人物がいなくて、いないはずの人がいたりする。周りの人間の記憶は昨日までの自分のそれとは異なり、なにかとんでもないことが起きていることを予感させるのだった・・・。

これは、テレビシリーズを観ている人でないと話が解らないと思います。題名こそ「涼宮ハルヒのなにがし」ですが、今回は実質上の主人公であるキョンと情報統合思念体の対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドの長門有希さんが中心のお話になっています。

宇宙人や未来人や超能力者や、はたまた普通の人が複雑に絡み合いながら、変わってしまった世界をなんとか元に戻そうと時間を超えて奮闘します。劇中古泉くんが「もしも元の世界に戻ったら今のこの世界は・・・」と懸念していますが、本当にどうなってしまったのでしょうかねー。
posted by ぢょんた at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画(視聴覚室)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43334546

この記事へのトラックバック