用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年03月21日

冷やせ冷汗 こころ

sin.jpg

原発事故で「にわか核博士」があふれている。この短期間で日本人の多くが放射性物質に詳しくなったことだろう。ワシは「アルミホイルを体に巻き付ければ少しは放射線避けになるのではないか」と思いついた。が、すでにネットでも話題になりテレビでも取り上げていたらしい。

---フジテレビで「アルミホイルを体に巻くと放射線を遮る」って噂は本当か聞かれた沢田先生が「趣味で巻くのは自由」って(w。そのうち「ググレカス」って言い出すんじゃないか。この番組、専門家の無駄遣いだろう。---(twitterより)

だども、電子レンジでわかるようにアルミホイルは電磁波をはじき返す。だったら心配性の人のための気休めぐらいにはなるのではないか。少なくとも紫外線は遮ることができるだろうしダイエットにもなるらしい。紫外線だって被ばくするしガンを引き起こすのだから。

あまりにも不安で病気になりそうな人は、アルミホイルを体に巻き付けてその上からウェットスーツを着て、中を水で満たせばほんの少しだけ効果があるかもしれない。というよりも倉庫のような窓のないコンクリート製の建物の中にいれば一番いいだろう。

要人は万が一のためもうすでにシェルターを用意しているのだろうか。日本政府はなぜにアメリカによる原子炉冷却の技術的支援を断ったのか。おそらくあの時点で、事態はそれほど深刻には見えないが世界中に「日本は終わっとる」と思われたくないという見栄だけの問題だったのではないのか(借りを作ると今後の外交がやりにくくなるという)。

地震のほうも含めて予言説や陰謀説まで浮上して様々な情報が交錯している。一人ひとりが入ってきた情報を自分自身で租借して冷静に判断するべきだろう。

一昨日、自動車で国道一号線を走っていて暴走族に遭遇した。周りの迷惑をかえりみず爆音をまき散らしながら他の自動車を縫うように蛇行しながら抜いていった。彼らはいったいどこへ行こうというのだろう。「火事場泥棒や義援金詐欺」。そういったことが起こらないというのが日本の誇りではなかったのか。連日テレビで感動シーンを伝えているが、そのギャップにちょっと情けない気持ちになってしまった。

写真は映画「サイン」のワンシーン(宇宙人に思考を読まれないようにアルミホイルの帽子をかぶっている)
posted by ぢょんた at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 道徳(こころ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43936207

この記事へのトラックバック