用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年03月30日

陰謀論 社会科

今回の大地震や原発事故は陰謀だということがいわれている。HAARP(ハープ)なるものを用いて強力な電磁波を起こしたとか、純粋水爆という小型の核爆弾でもって断層を破壊したとかまさにSF映画並みの内容だ(詳しくはご自分でぐぐって)。ワードは【HAARP、純粋水爆、ユダヤ金融資本、300人委員会、ロックフェラー、ロスチャイルド、等】

下の動画(もっと画質がわるいやつ)を見たときはビビった。44秒あたりで左海面から謎の飛行物体が横切っていくのだ! ところが後で高画質の動画を見てみると何のことはない普通のヘリだということがハッキリわかる。


とはいえよく考えてみると、地震発生から最初の津波は5分後という観測記録がある。巨大なのがきたのが10分とも15分ともいわれているのだ。たった15分しか経っていないのに、なぜに海外のメディアは惨状を空から撮影することができたのか(しかも2機飛んでいる)。(よく聞いてみると「ジャスト...NHK...ヘリコプター」とか言っているので、海から飛んできたのはNHKのヘリらしい)

これはもう「川口浩探検隊」カメラマンと〜照明さんの〜あとにはいる〜♪ 状態で、巨大な津波が来ることを知っていて待っていたんじゃないかと思えなくもない。そんなことをいって陰謀論をあおるつもりはもうとうないが、いっそのこと陰謀論者を民放で集めて激論を交わすスペシャル番組でも組んでもらいたいものだ。視聴率も上がるだろうが、不謹慎だとの批判が相次いでテレビ局も窮地に陥るに違いない。
posted by ぢょんた at 02:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会(歴史、世界)
この記事へのコメント
あれはヘリではなくスカイフィッシュです
Posted by マンガン at 2011年03月30日 12:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44040229

この記事へのトラックバック