用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年05月11日

アレルギー 保健

IMG_0456.jpg

カミサンがひどいじんましんになってしまった。当日は全身に発疹が出て腫れ上がり、呼吸さえ困難な状態になった(そういうのをアナキラフィシーショックという)。緊急診療で抗ヒスタミン系の点滴や注射を打ってもらい一旦は治まったが、翌々日また症状が出たため再び病院で点滴を打ってもらった。

処方してもらった経口薬も抗ヒスタミン剤だが、飲み薬のほうはそれほど効果がみられなかった。発疹が出たり消えたりの繰り返しで、完治するまでにはしばらく時間がかかりそうだ。

はじめは食物アレルギーだと思っていたので食べ物に気をつけていたが、症状が変わらないのでいまは開き直って好きなものを食べている。それでも悪化するわけでもなく少しずつよくなっているようなのでやはり食物アレルギーではないようだ。

そんなわけでアレルギーのことを少し勉強した。ウィキペディアには以下のようにある。
----アレルギー(独 Allergie)とは、免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。アレルギーが起こる原因は、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因として考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。最近では先進国で患者が急増しており、日本における診療科目・標榜科のひとつとしてアレルギーを専門とするアレルギー科がある。----

たとえば家の中でマッチを擦ったとしよう。なにもない部屋ならしばらくしてマッチが燃え尽きて終わりだ。ところがホコリっぽい家だったり、すぐそばに燃えやすいものがあったりすればそれだけで引火して火事になってしまう。これが蕎麦や甲殻類や乳製品などの直接的なアレルギー物質の反応だ。逆に燃えるものがそばになくてもあえて火のまわりにガソリンを撒けばそれに引火して大変なことになってしまう。この場合ガソリンにあたるものがアミノ酸から合成されたヒスタミンという物質になる。

ヒスタミンは食物から直接体内に摂り込まれたり身体の中で合成されたりする。体内のどこかでアレルギー反応が起こるとヒスタミンが燃料となって炎が燃え広がるというわけだ。どんなものがマッチになるのかは人それぞれ違うし、マッチやライターを擦っても火がおこらない(アレルギーのない)体質の人もいる。現在のところ原因や症状は様々でそのメカニズムも結局のところよくわかっていない病気らしい。

ほかにも「わたし、あのハゲの部長には---なのよねー」などと体質的に拒否反応をしめすことをアレルギーといったりする。
posted by ぢょんた at 01:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 保健(健康)
この記事へのコメント
もしかしたら昨夜観た「名探偵コナン 天空の難破船」でテロ組織「赤いシャムネコ」に盗まれた「殺人バクテリア」による影響では?

実はウルシにかぶれただけだったりして^^
Posted by マンガン at 2011年05月11日 14:49
だけって。死んじゃうひともいるみたいですよ。
ウルシかぶれもアレルギーなので、可能性がないとは言い切れません。
Posted by ぢょんた at 2011年05月11日 19:48
あれまぁ、どうしちゃったのかねえ? 心配だねぇ。病院ではアレルゲンの検査はしなかったかね?
ワシは昔、病院で検査してもらって、動物の毛(特に猫)やホコリ、ブタクサの花粉のアレルギーとか言われたけど、最近は平気になったなぁ。
最近、カミサンさんの生活に何か変化があったとか?……
あっ……、ぢょんたさんがご自宅に帰っている?……。
Posted by やすけ at 2011年05月12日 00:36
病院ではアレルゲンの特定は難しいといわれました。
ってぇ、わ、ワシがアレルゲンかよ!
それはないな。ワシは東京にいて呼ばれたんだもの。
Posted by ぢょんた at 2011年05月12日 01:01
ワシが受けた検査は、皮膚科で、一見ただの水のような動物の毛やホコリ等のエキス(?)を、スポイトで一滴ずつ8種類くらいを腕に垂らして、皮膚が赤くなったのがアレルゲンだよ、という大雑把で単純なものだったです。
何が原因でしょうねぇ? 体力・精神力の衰えで、今まで平気だったものが×になる事もあるらしいですが…。
食物ではない、ご主人でもない、とすると、家具・カーペット?職場でハゲ部長から受けるストレス? リサイクルショップで買ったドレスが呪われていた…?
Posted by やすけ at 2011年05月12日 21:12
市民病院でもいわれましたがパッチテストはあまりあてにならないそうです。
http://www.drmakise.com/atopy/atopy12-6.html
複数の事柄が重なったときに出る場合もあるし、年齢や体質の変化でも起こるようですから特定は難しいかと。
店で買った透視の腕輪が呪われていたとか。(楽屋落ち)
Posted by ぢょんた at 2011年05月13日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45068420

この記事へのトラックバック