用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年06月05日

カタチと結果 国語

最近よく耳にする言葉に「カタチ」というのがある。「夢をカタチに」とか「みんなの気持ちがひとつのカタチに」「前向きなカタチで(前傾姿勢か)」「そんなカタチで」「僕らのカタチ」などなど、到達点だったり理想や希望だったり、雰囲気だったりと本来形のないものまで「カタチ」と表現して、すごく広義に使われているカタチがある。お店などでは「千円からのお預かりというカタチでよろしかったでしょうか?」などといわれるが、いいもなにもいったいどんな形なのだ。ワシはつい“でかした将軍が片膝付いて王様から勲章を頂戴するの図”を想像してしまって笑えてくる。

また、スポーツ選手のインタビューなどでもよく聞くが、「結果」というのをちょっと間違って使っているようだ。「そうですね。頑張って練習してきてますから結果が出せればと思っています」などと答えているが、出場すればとりあえず結果は出るだろう。それをいうなら成果だ。または“いい結果”だ。

まあいいや、たいしたことじゃないから。きょうの日誌はこんなカタチの結果になったということで。

ketka.jpg katachi.jpg
posted by ぢょんた at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45735785

この記事へのトラックバック