用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年07月14日

エグザム 視聴覚室

2009制作/イギリス/★★★★★★★7点

exam.jpg

大企業の最終入社試験に残った男女8人。これに合格すれば将来が約束される。試験監督から3つのルールを告げられ問題用紙を開くと・・・???まっしろ、真っ白? 受験者たちは、お互い手を組んだりだまし合ったりしながら必死に「問題と答え」を見つけ出そうとする密室サスペンスミステリー。

ほぼ全編が試験会場という、おそらくかなり低予算の映画だと思われますがめまぐるしく変化する緊迫した状況が観る人を飽きさせません。3つのルールは「試験官や警備員に話しかけたら失格」「自分の紙を損なえば失格」「いかなる理由でも退室を選べば失格」なのですが、「受験者同士話してはいけないとはいわれてない」などと、みなさんこじつけのような理屈を繰り出して会話しはじめます。

光に透かせば読めるんじゃないか? 印画紙になっているかも? などなど、はじめはお互いを疑りながらも協力しているのですが、刻一刻と迫る制限時間に焦りいらだち、他人を陥れようと行動がどんどんエスカレートしていきます。ラストも「そ、そんなぁ」という仕掛けが用意してあり「とんちんかんちん感」満点の内容になっています。

「解かせはせん、解かせはせんぞ!このメガ粒子砲で全員落としてやる!!」・・それはビグザムだから・・・
posted by ぢょんた at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画(視聴覚室)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46740532

この記事へのトラックバック