用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年09月29日

軍門に下る 家庭科

ptv.jpg

当分いらないと言っておきながらついに大画面テレビを購入してしまった。Panasonicのプラズマ42型だ。事の起こりは娘だった。今回のデジタル化で娘の家はテレビが映らなくなってしまった。それで2ヶ月近くテレビなしで過ごしたらしいのだが、いよいよ量販店にも商品が並びはじめ、各店のリサーチをかけていたそうな。そしてジョーシン電気のセールで見つけたのが「3D VIERA TH-P42ST3」。価格ドットコムの最安よりも3000円近くも安い。

娘の家に届いたテレビをひと目みてカミサンがひと言「これってまだある?」。さっそくジョーシン電気に出向いて「これください」てなわけで我が家にも同じ製品が届いた。ちなみに3Dテレビではあるがメガネは別売りで1万円近くもするので、もちろん買う気はなかったのだが、たまたまPanasonicのサービス期間中らしく1台もらえることにもなった(ラプンツェルのブルーレイディスクももらえるのだがこちらはヤフオク行きか)。

そんないきさつで到着したテレビ。プラズマだけに落ち着いた映りで大変観やすい。そしていろいろ機能を調べてみると(買う前に調べろよ)、昨今のテレビはスゴイことを思い知らされた。まずUSB端子、SDカードスロットなどで様々なメディアに録画ができる。さらにインターネットにもつながるし周辺機器への互換性が充実している。

一番驚いたのはパソコンからコピーしたmp4の動画が再生できること。YouTubeなどから落とした動画ファイルが普通に大画面で観られるのだ。もちろん元が悪ければボロボロだがHD画質ならDVDを上回る美しさだ。ただ、DVDからバックアップしたVIDEO_TSはいまのところ観ることができない(観られるはずなのだが、現在調査中)。

後日談だが、テレビを設置してくれた工事のひとが、たまたまテーブルの上に置いておいた外付けハードディスクを接続してくれていた。後で自分で付けようと思っていたものだ。ワシがちょっと目を離した隙に。大変親切にもフォーマットをかけて! 中にバックアップデータがたっぷり入っていたのに!! 「消していいか」の了解もなしに黙ってぇ!!!! そのひとが録画の操作方法を説明しはじめたので、「これって初期化しないと使えないはずですよね」と聞くと「ハイ、それもやっときました(サラリ)」ってぇぇええ、画面にその旨が出たときに、ふつう消していいかって聞かないかぁ。ワシは一瞬あたまの中が真っ白になったわ。まあ、別のところにもバックアップ取ってあったからいいけどさ。

画像「流行の服は嫌いですか」
posted by ぢょんた at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭科(くらし)
この記事へのコメント
工事のひと「バルス!」




すみません・・悪い冗談です。
バックアップが取ってあって、よかったですね。
Posted by ころわん at 2011年09月29日 23:31
データがなくなり困ったときは
「リーテラトバリタ ウルス アリアロス バル ・・・バル・・・えっと
バルス?」
どっか〜ん!

Posted by at 2011年09月30日 03:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48211645

この記事へのトラックバック