用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年11月27日

ブロウ 視聴覚室

2001年/アメリカ/★★★★★5点
blow.jpeg

1960年代、実在した麻薬の売人ジョージ・ユングの半生を描いた物語。ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス。

『エド・ウッド』や『パブリック・エネミーズ』といいジョニー・デップはこういう役が好きですね。虚しい物語です。
posted by ぢょんた at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画(視聴覚室)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51049489

この記事へのトラックバック