用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年12月14日

34丁目の奇跡

視聴覚室 1994年アメリカ/★★★★★★★7点

34chome.jpg

本物のサンタクロースを自称する老人がデパートのクリスマス商戦に登場して大人気に。ところがライバル会社の罠にはまり裁判沙汰になってしまう。裁判の焦点は「サンタの証明」。老人のことを応援する少女の願いはかなうのか。夢を信じることのすばらしさを描いたハートフルドラマ。1947年制作の『三十四丁目の奇蹟』のリメイク。

この時期はやはりクリスマスものでしょう。CG効果など特殊撮影をいっさい使わないこういった作品は、むしろいま新鮮でとても暖かいものを感じました。1947年、最初の作品と内容はほとんど変わらないようですが、そちらも観てみたくなりました。サンタ役のリチャード・アッテンボローの名演技。そして、ちょっとオマセな少女役のマーラ・ウィルソンもキュートでした。
posted by ぢょんた at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画(視聴覚室)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51865438

この記事へのトラックバック