用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2011年12月18日

赤影参上!青影推参!

理科

kRwtn.jpg

カメラはレンズの特性上どうしても外側が暗くなります(レンズが小さいとなおさら)。デジタルカメラはそれをなるべく均一になるようソフト的に補正するわけですが、外側を明るく、内側をやや暗くする場合RGBそれぞれの補正プログラムがなかなか的確にできません(人間の目のように融通が利かないので)。

いわゆるデジタルカメラは、そのあたりを的確かつ高速に行なうようCCDの開発やプログラムに研究開発費を割いているわけですし、もともとレンズも大きいのでそこまでのズレも生じません。すべての携帯電話についているカメラがそうなるわけではなくiPhoneは特にひどいようです。画素数こそ多くなりましたが所詮おまけ程度なので、作品を撮るというよりもメモ代わりと考えた方がいいのではと思います。

また、撮影条件もあるようで光量の少ない蛍光灯下とか、フラットで全体に白っぽい(紙を置いて撮るなど)ものを撮影すると顕著に現れるようです。さらに個体差もあるようだし、特にiPhone『4』に限った現象ではないようです。(ワシが思うにケースなどを付けてレンズが奥まったところにある場合も出やすいかも)※下の画像は価格.comの質問コーナーにあったものです。

926342_m.jpg 926345_m.jpg

外側が赤っぽく、内側が青っぽくなるのはわかっているんだし、その度合いなのですから、誰かがそれを補正するフィルタアプリ(レベル5段階位で)を作ればいいんですよ。賢い誰かが。できれば無料で。チョチョイのちょいでよろしく。

追記:なんて思っていたらマンガンさんが教えてくれました。その名も「青カビ対策」いやー、あるもんですね。そもそも本当はAppleがiOSで改善するべきなんですけどね。
posted by ぢょんた at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 理科(化学・科学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52096473

この記事へのトラックバック