用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2012年01月21日

高い、高すぎるぞ敷居

PC

iPhoneのアプリを作る、まねごとをしてみた。「なにを大それたことを」といわれそうだが、ほんと、ちょっとかじってみた程度、いやいやほんの少し匂いを嗅いだといってもいいだろう。事の起こりは、アプリのアイコンをオリジナルのものに変えようというスレを見つけてそれを読んだことから始まる。

PCからiPhoneを開いて、データを読み書きできるソフト(iExploreriFunBox)を使って、iPhone内のアプリのアイコン画像をオリジナルのものと差し替えればできるらしい。が、ダメだった。iExplorerでは、画像ファイルを発見できるが.pngはすべて真っ白でなにもプレビューされない(.jpgはできる)。iFunBoxにいたっては、アプリケーションのディレクトリ自体が表示されない(Win版ならできる)。

light001.png light2.jpg
これはテストで、唯一さわれる.jpg画像をチェンジしたもの(左はオリジナル)。


残念な結果で落胆しているうちに、そもそも「アプリを作るソフトで開けないのだろうか」という疑問がわいてきた。iPhoneアプリは「Objective-C」というプログラム言語で書かれているということは知っていた。そして『目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート』というページを読んでいるうちにApple純正のデベロッパーツール『Xcode』とそれに内包されている『iPhone SDK』というソフトで作ることができるということもわかった。

なにはともあれ「できるところまでやってみるべ」と思い、さっそく上記のページの指示通りに『Xcode』をダウンロード。無料ではあるが、とにかく登録がややこしく(英語だし)、しかも4GB以上もあるものだから時間がかかる。それでも何度もつまずきながらなんとかインストール成功。

iPhone-sm.jpg

参考ページの説明どおりに少しずつ作って(途中三度ほど途方に暮れた)、やっと最初の例題アプリ(バーゲンセール)が完成。iPhoneシミュレータでなんとか動かすことに成功した。ここまでは指示通りにやればたぶん誰でもできるが、ここから先はワシの頭では相当難しそうだと感じて、全体をサッと読み飛ばしてみた。それで分かったことは、まず「自分で作ったアプリですら実機でためすことはできない」ということだ。

「できない」というのは語弊があるかもしれない。正確に言うと「できる」が、とにかく登録、認証、証明書発行などややこしい。しかも年間$99と有料なのだ。これはおそらく「アプリ開発は歓迎だが、勝手にどんどん作って配られても困る」ということで、AppleはiTunesで独占的にアプリを売りたいということなのだろう。同時に海賊版や改造版が横行しないための防御策でもある。

そんなわけで、ちょっと先をのぞいてみたら、遊びでやるには敷居が高すぎたのでそれ以上やるのを断念した。ワシができることはせいぜいこれぐらいだろうとあきらめた。まあJailbreakという手もあるが、iOS5に関してはまだちょっと不安定らしいし、それに、新しいOSが出たときに、脱獄した古いOSのままでいくか、バージョンアップするかの選択に迫られる。確かにJailbreakするととっても魅力的なことがいろいろできるようになるわけだが、いまは現状で満足しているのでこれでいい。いずれ「脱獄衝動」にかられるそのときがくるまでは。。。
posted by ぢょんた at 05:21| Comment(1) | TrackBack(0) | コンピューター
この記事へのコメント
すごいすごい!いよいよこちらの世界に進出ですね。
助手として私もひと口乗せてください。お願いします。
Posted by マンガン at 2012年01月21日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53211757

この記事へのトラックバック