用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2012年02月21日

SONYのメタルは高かった

放課後
juwaki.jpg aircassettemain.jpg

レコード屋はもうない。針を乗せたときの曲が鳴るまでのあの瞬間。プツッ、ツッという雑音が「もうじき鳴るよ」と期待感をそそる。カセットデッキの窓を「もう一曲くらい入るか?」とテープの残量を心配しながら覗き込む。いまはもう昔。

ひとは古いものやノスタルジックなものに、懐かしさから愛着や安らぎを覚える。だが、そもそもそれを知らないひとにそんな感情は起こらない。カセットテープってぇ何?という若者は、こんなものいらない。

受話器はいらないが、カセットテープのアプリはちょっと欲しいかも(懐かしいデザインのものがたくさんある)。ちゃんとテープが回りながら増減するんだって。170円はちと高いなぁ。
posted by ぢょんた at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54085699

この記事へのトラックバック