用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2006年08月10日

専用 

69_1.jpg

「専用」と聞けば「シャア」と応える人も多いだろう。戦場では絶対的に不利と思われるピンクがかった赤い機体は、「他とは違う」という自信に満ちている。「赤い彗星」「通常の3倍」圧倒的威圧感で相手の戦意を喪失させ、絶望させる響きを持っている。まさに「特別なもの」というのにふさわしい称号である。

そんなわけでやたらと赤く塗っては「シャア専用●●」というのをみかける。
「シャア専用ポスト」「シャア専用鳥居」(もとから赤いか)
「シャア専用殺虫剤(通常の3倍の威力)」(当たらなければどうということはない)
「シャア専用ノートパソコン」「シャア専用ムービーカメラ」「シャア専用サインペン(赤のみ)」赤いものは全て「シャア専用」といえよう。(おまえのじゃないんかい!)

そしてこの度、JCBカードからついに「シャア専用クレジットカード」が登場した。当然赤色でシャアのイラスト入りである。特典は容易に想像したとおもうが、やはり「ポイントが通常の3倍たまる」らしい。
シャア専用はいまや「特別」の代名詞なのだよ。
次回は「トラの穴」の予定です。(たぶんない)
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)

2006年07月27日

李下に冠を正さず 

かみさんがネコ用に、近所の畑の雑草を摘んでいてつぶやいた。
「李下に冠を正さず」
なにそれ? 

すももの木の下で手を上げて冠のまがっているのを直せば、すももの実を盗むのかと疑われる。また「瓜田に履を納れず」と続けて使われるが、これはうりの畑で靴のひもを結んだりすれば、瓜を盗むのではないかと疑われるということ。このように人から疑いをうけやすいような、まぎらわしい行為は初めからしないほうがよい、といういましめなのだそうだ。はじめて聞きましたよ。まったく、へーへーへーなるほどねぇ。

もとの中国では「瓜田李下」=瓜田不納履,李下不正冠などと書くようです。
日本では「李下」を「梨下」にして「梨畑」として教わったそうですが、きっとワシはその時寝ていたんでしょう。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)

2006年07月07日

心理クイズ 

問題1 シマウマを冷蔵庫に入れるのに3つの最低満たすべき条件がある。
   それは何か?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

答え 1.冷蔵庫の扉を開ける 2.シマウマを入れる 3.冷蔵庫の扉を閉める
注:この問題は単純なことをつい複雑に考えてしまうクセがないかどうかのテストである。

問題2 象を冷蔵庫に入れるためには4つの条件がある
   それはなにか?
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
まちがった答え 1.冷蔵庫を開ける 2.象を入れる 3.冷蔵庫をしめる
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
正しい答え 1.冷蔵庫を開ける 2.シマウマを出す 3.象を入れる 4.冷蔵庫を閉める
注:この問題はあなたが物事を安易に考えるクセがないかどうかのテストである

問題3 ライオンキングがジャングルでパーティを開いてすべての動物を招待したが、どうしても出席できなかった動物がいた
それはどんな動物か?
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
答え 象 なぜなら象は冷蔵庫の中にいるから
この問題はあなたが物事を多角的に捕らえることができるかどうかのテストである

問題4 ワニが一杯住んでる川を渡らなければならない
どうやって渡れば良いか?
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
↓                            
答え どうどうと泳いで渡る
なぜならすべてのワニはライオンキングのパーティに出席していて留守である
この問題はあなたが論理的な思考ができるかどうかのテストである
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)

2006年05月31日

ネット語 

最近「2ちゃんねる」を代表とするインターネットから端を発した「ことば」が多く出回っている。「厨房、逝って、既出、基地外、香具師、氏ね、漏れ」等々、誤変換を利用してストレートじゃなく、ほんの少し遠回しに表現しているようだ。また、カタカナなどで「キボンヌ、スマソ、セクース、マターリ、ガンガレ」みたいにイントネーションを変化させて、外国語っぽく表しているものもある。ネットの世界ではほとんどの場合、文字で会話するので、そのことばを使うことによって自己表現をしたり、あるいは露骨なことばを柔和にして使用しやすいようにもしている。

「いまの若いもんは、まともな日本語で会話できんのかぁ!」と嘆く人もいるだろうが、ことばは生きている。その昔、頑張るは【意固地、頑固】のように、いい意味では使われなかったが、東京オリンピック水泳の「前畑ガンバレ」から【一生懸命、努力】というふうに使われるようになってきた。「シブイ」「ダサイ」だって、昭和後半から出てきて、いまや市民権を獲得している。必要に応じて新しいことばが発生してくるわけだから、便利ならどんどん使えばいいと思う。優れた新語かダサイかは、時とともに自然淘汰されていくはずである。
少しでも若いふりがしたいワシは、マターリと使ってしまうのであった。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)

2006年05月20日

ろくでなし=ひとでなし 

「ろくでなし」とよくいうが、ロクとはなんだろうと思っていた。どうやら陰陽道由来で人は「六」なのだそうだ。ちなみに「神」は七。神よりひとつ足りないのが人らしい。(なにが足りないんだろう?)詳しく知りたければググってみるべし。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)

2006年05月13日

名前 

近所のスーパーで買い物をした際、レジのにいちゃんの名札をふと見たら、ひらがなで【ちんなみ】って書いてあった。若いのに気の毒だ。まぁ並なんだからいいけど。先祖をうらめ。

名前のローマ字表記は、名字が先か名前が先か。国語審議会が「異なる国の人が互いに名前を紹介する場合は、国固有の形式が好ましい」といっているそうだ。ようするに決まりはないようである。自分的には、ローマ字自体、日本からすれば西洋の文字なのだから、やはりその規則にのっとるべきなんじゃないかと思う。郷ひろみは、Hiromi Goなわけで、Mr.Hiromiと呼ばれないためにも、ちゃんとした本則というものを決めるべきです。

また、Oh(おー)という長音表記は認められるようになったそうだが、依然としてラリルレロは、ra,ri,ru,re,roであって、la,li,lu,le,loは認められていないということ。本来の発音は後者のはずだが、『i』と間違えやすいからなのかな。Ieyasu(イエヤス)と書いたつもりが、レヤスと読まれちゃうからね。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語(ことば)