用務員ぢょんたが日々勝手なことを書き綴っています。

2010年03月02日

ニセどこでもドア 放課後

f1.png

「あ、そっちはガレージだから」なんて、開いた扉の向こうにF1カーが入っていたら驚くだろう。Style-Your-Doorは、ドアに貼る壁紙ならぬ、ドア紙を作ってくれるサイト。アイデア次第ではおもしろいことができそうだ。知らない人が入ろうとしてぶつかりそう。
posted by ぢょんた at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2010年02月13日

無人島 放課

mitugoshima01.jpg mitugoshima02.jpg

先日、広島県の無人島が売りに出されていた。瀬戸内海に浮かぶこの島は『三ツ子島』といい、外周約580メートル、面積約7600平方メートルで、もちろん水道や電気は通っていない。戦時中は、旧海軍病院の施設があり、今も建物の基礎などが残っているそうだ。

日本では一般競争入札で島ごと売りに出されるというのは大変珍しいということで、多くの希望者が集まったという。前評判では、落札価格は「高くても2000万円前後」とみられていたが、多くの参加者が500万円〜1000万円で入札する中、地元の港湾運送会社が1億1万円で落札した。

国土交通省によると、国内には約6850の島があり、うち無人島は約6400に上るという。財政難を背景に国有地の売却を進めていて、売却額は2008年度までの10年間で約2兆4360億円に上るというから驚きだ。

島ごと買い取ったところで、土地や山を買ったのと何ら変わりはない。独立国家を作ることもできないのだから、日本も金回りをよくするためにせいぜいリッチな人に向けてどんどん売り出してほしいものだ。

無人島という言葉にはどこかこう魅力的な響きがある。それはきっと自由、冒険、ロマン、サバイバル、ミステリーという印象があるからだろう。『ロビンソン・クルーソー』や『十五少年漂流記』、『ガボテン島』なんてのもあった。ブルック・シールズの『青い珊瑚礁』やトム・ハンクスの『キャスト・アウェイ』もよかった。

お金持ちが、そういった島を買って「無人島体験ツアー」でも開いたら人気が出るんじゃないだろうか。(でもきっと、みなさん携帯電話は持っていくんだろうなぁ...)
posted by ぢょんた at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2010年01月22日

キーン! ダダダダダッ! 



バカバカしいアプリを買ってしまった。ビデオを観ればわかるが、飛行機の音がするだけである。ボタンを押して機関銃を撃ったり爆弾を落としたり、またiPhoneを傾けて急降下や旋回の音もする。ただそれだけといえばそうなのだが、一日一回なぜか起動してやってしまう。

ホームページにいくと専用の主翼が用意されているので、これをプリントして装着すれば、臨場感もより出るだろう(さすがにワシはやっていないが)。ストレスの多い現代、日常の中で少しはバカバカしいひとときも必要なのかもしれない。

posted by ぢょんた at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2009年09月01日

iTunesカード 

3808913721_444dbe8cd8_o.png

いまコンビニで「iTunesカード」の2割引をやっている。

9月13日までサークルKサンクスで、
「KARUWAZA CLUBカード」か「サイフケータイ」が必要。

9月7日までファミリーマートで、
「Tカード」が必要。

どうせAPPアプリはちょくちょく買うので、さっそく3000円のやつを買ってきた。(2割引はデカイ)

使い方は簡単で、裏の銀紙をこすって出てきたナンバーをiTunesに入力するだけだ。いつも115円か、せいぜい230円のアプリしか滅多に買うことがないワシだから、これで当分は足りるだろう。

クレジットカード決済のときは「来月引き落とされる」という精神的な負担があるが、こうやって登録してしまえば、当たり前だがもうお金はいらない。そのポイント分なら好きなものが買えるわけで、そうなってくると全部「無料アプリ」に見えてくるから始末が悪い。けっこう自制というか、自己管理が重要になってくる。
posted by ぢょんた at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2009年08月22日

おかしなAPPアプリ 

Smack Talk


Squeeze It


Mouth Off


つみネコ
posted by ぢょんた at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2009年06月08日

USBメモリを拾った 

heartware.jpg

道ばたで100円ライターかと思って拾ったらUSBメモリだった。「なにが入っているんだろう」と興味津々でMacに刺してみたら、トップシークレットの企業情報でも、破廉恥な画像でもなく「○○ひながた」とか「○○サンプル」などという名前の軽いファイルが数枚入っているだけだった(ちぇ)。

それらのファイルはMacじゃ開けないので、たまたま先日設置した脇にあるWinに刺してみると、同じように数枚のファイルが表示された。なにげに先頭にあった「formatなんたら」というのをダブルクリックしたら、なにやらダイアログが出たので「はいはいOKOK」と(よく読みもせず)手拍子で押していったら、、、なにかしている。。。終了した。  おや? なにもない。。。どうやら消したらしい。(そりゃそうだフォーマットしたんだから) 落とし主さんゴメンよおおおぉー。

まあ、そんなに重要なデータじゃなさそうだったからいいけど(おまえが決めるな)、これじゃ警察に届けるわけにもいかない(そんな気もないくせに)。だいたいだなぁ、そんなことで消えるようなWinの構造が悪いんだ! フォーマットのプログラムなんて一緒に入れておくんじゃないよ。初期化するならするって日本語で書けよ。(すみません反省してます)

まるで、道ばたで拾った小銭入れをマクドへ入って確認したら、中身は数百円とマクドのクーポンだったので、思わずその場でハンバーガーを食べてしまった状態だ。

4GBの小銭入れは上等そうなのでワシがありがたく使わせていただきます。(犯罪なのか?)

写真は拾ったものではないが、こんなものもあるという例。(可憐だ)
posted by ぢょんた at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2009年04月16日

イッコ、ニコ、サンコー 

top_photo.jpg

サンコーという会社がある。カードリーダーになるペンとか、腕時計型ビデオカメラ(ネクタイ型、ペン型も有り)、USB電子タバコ、USBマイクロスコープ、赤外線マイクロスコープ、ビデオカメラ付き腕時計型mp4プレーヤーなどなど、あやしいスパイグッズのようなものをいろいろ販売している。

ほかにも「USBあったかシリーズ」といったらいいのだろうか、手袋、スリッパ、バストパッド、弁当箱、リストバンド、レッグウォーマー、マウス、座布団、フリース、アイウォーマー、腰サポーター。。。みんな「あったか」だ。

とにかく見てご覧なさい(製品ラインナップの全商品一覧をクリック)。バカでかいパソコン用バッテリーや重さ2kgの金魂型USBハブもあるぞ!

「ビジネスチャンスを逃さず」ってぇ、いったい何を撮るのですか???
posted by ぢょんた at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2008年03月23日

スカッとさわやか♪ 放課後

baaerb.jpg 77bvs.jpg

コカコーラの『iTunesミュージックプレゼントキャンペーン』が再び開催中だ。今回はなんと“1本に1曲必ずもらえる!”のだ。ワシも買わなくてはと思っていたら、なんとマンガンさんが5本まとめてプレゼントしてくれた。どうれしいジャマイカ♪ コーラが5本、ミュージックが5曲で金額になおせば、1750円相当なのだから!

前回は1人10曲までで的中率の高い抽選だったのだが、今回は1人5曲で必ずもらえる。“必ずもらえる”なんといい響きだ。まるで、自分の買った逃げ馬がゴール前20mで他を20馬身離して独走しているときのような、あるいはパチンコで変動開始直後に確定予告が出て、長いリーチを安心して見ているときのような。。。(ギャンブルばかり)。

ところが、いざもらおうとするとこれがなかなか決まらないのだ。以前から欲しかったマニアックな曲がストアにはなかったり、逆にあれもこれも欲しくなったりとたいへん悩ましい。まあ、来月いっぱいあるのでゆっくり決めさせてもらうとしよう。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2008年03月06日

ちょっと欲しいかも 放課後

765_1.jpg 765_2.jpg 765_3.jpg

バンダイの超小型昆虫型ロボット「HEX BUG(ヘクス バグ)」に、新色「BLACK」と「SILVER」が追加され3月15日に発売される。本物はイヤだがこのメカニカルなフォルムと愛嬌のある動きは、ちょっと遊び心をそそる逸品かもしれない。昨年9月に発売されたときは2カ月で10万個も売れたというから笑ってしまう。(さすがに茶色はあえて出さなかったのは賢明といえよう)

キッチンで遊んでいて踏みつぶされてもしらんぞ。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2008年02月26日

猫はモモ 

757_1.jpg

先日『猫の日(2月22日)』にあわせて発表された「猫の名前ランキング」。メスの1位は“モモ”、オスの1位は“レオ”だったそうだ。わが家にいる猫たちでかろうじてランクインしている名前は“ハナ”(ただしうちのは雄)がある。ものの例えで「猫の子をもらうのとはわけがちがうぞ」といわれるくらいいい加減な対象の猫。付けられる名前もほとんどの場合テキトーのようだ。

写真「俺はベベだにゃー」
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2008年02月25日

エビちゃんにやられた 

756_1.jpg756_2.jpg756_3.jpg

先日「当たった!」とよろこんでいたマックのスクラッチカード。きょうさっそく食べようと出かけていったのだ。カードが使えることを店員に確認して「これと...ホットコーヒー」と注文した。店員は「ハイ、350円です」....???はぁ。「このカードって・・・」

そうなのだ!ワシが勝手に「きのこクリームえびフィレオが250円で買える券」と勘違いしていたのだった。なーんだガッカリ。そりゃそうだよB賞が130円チケットで、C賞が250円チケットなんて、だいたいおかしいとおもえよワシ。しかしだな、書き方も悪いんじゃないだろうか。A賞が500円分プレゼントと書いておいて、C賞が「¥250チケット」では、ワシ以外にも間違える人がいてもおかしくないだろう。しかも「出てきた商品をプレゼントします。」って赤い字で描いてあるし(商品って“えびフィレオ”のことだろ、プレゼントしてくれるちゃうんかい)

ちゃんと「¥250で買える券」、あるいは「50円引き」と書いておいてくれよ。おかげでおもいっきり恥をかいてしまった。赤面したままトレーを受け取り窓際の席で食べようとおもったら、またそのスクラッチカードが入っていた。さっそくこすってみれば、お約束どおり「C賞」。これってハズレがあるんだろうか。おそらく永久になにかが当たるようになっているのだろう。

そういえばこのあいだ聞いた話だが、お店で売っているものの値段の表示方法を変えると驚くほど売り上げが変わるという。どういうことかというと、たとえば、普段「3割引」の値札を付けて売っている定価100円の品を、ある日「3個で210円」という値札に変えると売れ行きが全然違うというのだ。

出口で買った人に聞くと「なんか安いとおもった」という。どういう表示方法にすると効果的ということではなく「普段と違う」書き方がミソらしい。なれてしまった割引は刺激的ではないということだろう。「3個で210円」のヨコに「1個100円」も忘れてはならない。だからといってなんでも抱かせ売りすればよいということではないし、いつまでも同じ割引では、また客もなれてしまうから時々アプローチを変える努力が必要なのだそうだ。

それにしても景表法ギリギリの「¥250チケット」。たしかに「50円引」と書いたんじゃ人は動かんだろう。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年12月06日

SPACEWARP desktop 

640_1.jpg 640_2.jpg 640_3.jpg

「スペースワープ」この名前を聞いてなんだかわかる人はなかなか年寄りです。80年代にバンダイから発売された、レールの上で玉を転がして遊ぶ、ようするに卓上ジェットコースターです。当時のものは2本のレールの上を滑らせるので、幅が広かったりカント(角度)があまかったりすると、玉が吹っ飛んでいってしまったりして、組み立てがシビアで時間がかかったものでした。

「玉を転がしてなにがおもしろいんだ」といってはいけません。累計100万個も売れたという人気商品なんだから(じゃなぜ販売終了したのだ)。

そのスペースワープが「SPACEWARP desktop」という名前で生まれかわり先月発売されたのです! 今回のものはアクリル製で、ちゃんと凹レールになっており、大変組み立てやすいそうです。しかもコンパクト。鉄球のほかに蛍光塗料で光る「夜光球」も付いていて、暗闇でもエキサイティングなころがりを見せてくれるでしょう。実売価格約4千円!

「玉を転がしてなにがおもしろいんだ」といわないでください。クリスマスに誰とも会う予定がないあなた。毎日ニコニコ動画ばかり見ているキミ。キーボードの側にお一ついかがでつか。

写真左から、スペースワープ5000と10000。そしてデスクトップ。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年10月23日

シャア専用携帯 

610_1.jpg 610_2.jpg

「やはりな、いずれ出るだろうと思っていたが…」
「しかし、このミノフスキー粒子が多い世の中で役にたつのだろうか」
「なに!? 反ミノフスキー粒子ブロードバンドシステム!!」
「ま、まさか!」

てなわけでやっぱり出ました「シャア専用携帯」。

デカイシャアザクの頭部が充電器とは。。。
せっかくなら頭部充電器を開くと携帯内の曲が鳴らせるミュージックステレオにするとなおよかったのではないだろうか。
それにしてもこんなもの持ち歩いていたら、やはりちょっと恥ずかしいぞ。

写真はその「シャア専用携帯(左)」と、店で見つけた「シャア専用ひげ剃り」。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年10月09日

かっくいー 

592_1.jpg

potさんが教えてくれた「テレグラス」。川崎和男氏デザインで50gの優れもの。お値段も134,400円と、のけぞりもの。
昔、SONYのグラストロン持っていたんだけど、デカいし重いしで手離してしまったのだ。
posted by ぢょんた at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年09月21日

キュージョン 

580_1.jpeg 580_2.jpg
580_3.jpg 580_4.jpg

ラナがキューピーとコラボで「キュージョン」というシリースの携帯ストラップを発売した。あのキューピーちゃんは来年100歳だそうで、それを記念して作られたシリーズはアニメキャラなど26作品・53キャラクターにも上る。

見ていくと懐かしいキャラも多く、たいへんよく出来ていて、全部とはいわないが、ついつい欲しくなってしまうものがある。妖怪人間ベムの「ベラ」とか「ラムちゃん」なんかカワイイじゃないか。ガッチャマンもうれしいが「ベルク・カッツェ」がいないのは個人的には残念だ。

きっと大人買いで全部手に入れようとするヤツがいるんだろうなぁ。シリーズ化して新キャラクターも計画しているようだから、メーカーの思うツボということには違いない。

「ベラのムチは痛いよ〜」「誰のムチでもいたいっちゃ」
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年07月18日

注文 

496_1.jpg 496_2.jpg
496_3.jpg 496_4.jpg

ハンバーガーショップやドーナッツショップへいくと、混んでいるときに決まって、どれにするか注文を迷っている人がいる。「あらかじめ何にするか決めとけよ」といいたくなるが、しかたない。なにせメニューは豊富で、セットやら新商品やらあって、結局自分の番になっても迷ってしまうのだから。

いっそのことカウンター向かいに“ミニチュアのフィギア(商品名の書いてある)”をいっぱい置いておいて、客はそこで小さなバスケットに入れるなりして選べばいいと思う。ゆっくり選んでそれをレジに持っていけば注文が効率よくこなせる。セルフサービスのドーナツ屋とかパン屋と同じだ。ハンバーガー屋は注文を受けてから作るのが基本なのでフィギアで代用するわけだ。

あまりカワイイと、それ自体をポッケに入れて持っていってしまう人が現れそうだが、そんな楽しいお店なら家族連れにも人気が出るんじゃないだろうか。いまや食玩のオマケなんてジュースにだってついている。コスト的にもたいしたことないはずだ。ぜひ実現してほしい。

写真左上から「ぷちサンプルシリーズ」の“ぷちバーガー”と“ぷちドーナッツ”。三つ目と四つ目は「世界一小さい本物のハンバーガー」(100個くらい食べないとお腹いっぱいにならないかも)
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年05月25日

「笑うなよ、兵が見ている」 

427_1.jpg 427_2.jpg

これは、ジオン軍で兵に配給されている公式ライター(まさかな)。実は先日、100円ショップで発見して思わず買ってしまった。立派な箱に入っていて、ロゴマークも付いている。しかも上のボタンを押すとザクのモノアイが点灯するという、ハイテク技術の粋を結集して制作された優れもの。当然のことながらバンダイのロゴはどこにも入っておらずとにかく ぁゃιぃ。
例の堂々とキャラパクリテーマパークの国製とおもわれる。

そのとなりは、ホームセンターに売っていた「簡易トイレ」。いや、名前がさ、なんか笑える。モデルさんも笑顔でステキ。
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年03月28日

チョロQ 

347_1.jpg 347_2.jpg

そう! マンガンさんから情報のあったチョロQ。これは以前から気にはなっていました。しかしながらこれは「ハマー」。ワシのバナナ号とはちがうので、いまいち手が出ませんでした。
そもそもあれだけの豊富なバリエーション(車種)がありながら、どうして「シープラングラー」がないのか不思議でなりませんでした(版権が取れないとか?)。
ところが、なかなか出してくれないので直訴までしようと思っていた昨年12月。ついに出たのです!(写真右)しかもソーラーパワーで回転するテーブル付き。チョロQのくせに2,100円もしますが、近いうちおもちゃ屋でさがして、必ずやゲットしたい逸品です。残念ながら「赤」しかないので、手に入れたあかつきにはぜひ「イエロー」に全面塗装するつもりです。

それにしても、ラジコンですら1,280円なのに、タカラトミー足下みやがって。(テーブルを1,733円で買わされるわけか)
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年03月17日

ガリガリ君 

318_1.jpg

アイスと思うなかれ、これはバンダイから発売された「ガリガリ君入浴剤Cool!」。思わずかじりたくなってしまうほどの出来だ。しかも棒アイスにお決まりの「あたりクジ付き」。棒に当たりがあれば、ガリガリ君オリジナルの「氷かき機」や「かき氷カップ」がもらえるぞ。この夏は入浴中もお風呂上がりもガリガリ君で決まり!
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後

2007年03月06日

アニメ記念切手 

303_1.jpg 303_2.jpg
303_3.jpg 303_4.jpg

アニメ記念切手というのをご存知だろうか。郵便局が2003年から発売しているもので、懐かしいアニメから最新の人気アニメまですでに10種類以上出ている。第4集のガッチャマンの実物を見たのだが、さすが切手だけあって驚くほどキレイだった。おもわずコレクションに1シートずつ欲しくなってしまった。1シートに80円切手が10枚だから、たったの800円(たぶん)だと思うと安いものだが(金券のとなりだから)11種類集めようとすると8,800円と、ずいぶん高いものに感じてしまうのは不思議だ。

写真左から
【科学技術とアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ】(発売順)
『鉄腕アトム』『スーパージェッター』『ふしぎなメルモ』『科学忍者隊ガッチャマン』『マジンガーZ』『ドラえもん』『タイムボカン』
【アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ】(発売順)
『ポケットモンスター』『機動戦士ガンダム』『銀河鉄道999』『名探偵コナン』『新世紀エヴァンゲリオン』

また郵便局では「オリジナル切手」の製作もおこなっている。自分の好みの写真を持っていけば、その写真が入った切手を作ってくれる。価格は、80円切手が1,000円(1S10枚)、50円が1,200円(1S20枚)、90円が2,000円(1S20枚)と意外に安い。出産や結婚など、いろいろな記念にどうだろう。(もらった人も困るか?)
posted by ぢょんた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放課後